勝つたびに興奮する人もいます。このアドレナリンの放出は、特に依存傾向のある人にとって中毒になり得ます。そういった人達は怖いもの知らずで、リスクを恐れることはありません。しかし、依存症を発症してしまうこともよくあります。もともと依存しやすい人もいますが、後天的にそういった特性を身につける人がいるのも事実です。

オンラインギャンブルは、このような特性を持つ人にとって潜在的なリスクを秘めています。「自分がしていることの経済的な影響について気付いていない」という状況を想像してみてください。

睡眠不足

オンラインカジノで遊ぶ上でよくある問題の一つは、普段の生活習慣を乱す可能性があることです。オンラインカジノにはまっている人は睡眠不足になりがちなので、健康的な日常生活を送ることができなくなります。

専門家によると、成人は1日に最低8時間の睡眠が必要だと言われています。オンラインカジノにのめりこんでいる人が、人が寝ている深夜でもプレイしている姿をよく見かけます。深夜なら他人の目を気にする必要もありません。

中には早い時間にはまだギャンブルをする気力が残っているために寝つけない人もいます。十分な睡眠が取れないことで、将来的に身体的な症状が出てくることもあります。

自殺願望

ギャンブル依存症の人が自殺するのは非常に憂慮すべきことです。なぜならオンラインギャンブルに依存している人の多くは、健全な対処法を持ちあわせていないからです。多くのオンラインギャンブラーは依存症のせいで資産を失い、人生をやり直す方法も知りません。残念ながら、中にはすべてを終わらせたいと望む人もいます。

食事をしない

プレイ中に食事をしない人もいます。少しのチャンスも逃したくないので、よくあることです。中には自分でも気づかないうちに、恒常的な栄養不足に陥っている人もいます。日本では、オンラインギャンブルやゲーム依存症の人が、栄養価の高い食事の代わりにインスタントラーメンをはじめとするコンビニ食を食べているのをよく見かけます。

社会性の損失

もう一つのオンラインカジノの健康への影響として、孤立してしまい健全な方法で周囲の人と交流ができなくなってしまうことが挙げられます。彼らが抱えている問題に対処する際、支援してくれる人達との関わりを失ってしまう可能性があります。

多くの人はこれが原因で、職場で問題を抱え始めます。仕事をする環境にうまく適合する方法が分からないからです。

ギャンブル依存症の問題を抱えている人の多くは、対処が必要な潜在的精神疾患を抱えていることがよくあります。しかし、彼らは自分の問題について話すことを恐れています。また、問題を抱えていることを否定する人も多くいます。すでにギャンブル依存症で苦しんでいる人がいる場合は、友人や家族が介入する必要があります。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!